マンション経営をして確実に稼ぐコツを伝授

少ない資金でも投資が可能

つみき

レバレッジを効かせられる

不動産投資の魅力の1つは、レバレッジを効かせられるということにあります。不動産投資といえば資金力のある投資家が行うというイメージを持っている人がいますが、実は一般的なサラリーマンでも不動産投資を行う人は多いです。資金がそれほど多くなくても、レバレッジを効かせて大きな利益を得ることが可能になっています。不動産投資におけるレバレッジとは、銀行融資のことを指します。不動産投資ローンやアパートローンなどの専用のローンが用意されていますので、それを利用することになるでしょう。不動産に抵当権を設定することになりますが、金利は低めになります。例えば、1200万円の資金しかない人は、そのままでは1000万円前後の投資物件しか購入することができません。しかし、アパートローンを利用すれば、5000万円以上の投資物件を購入することも可能になるでしょう。アパートローンの審査では、年収の条件が設定されていることが多いということには注意が必要になるでしょう。年収の条件は銀行によって異なりますが、年収450万円以上は最低でも必要になってくることが多いようです。年収700万円以上という高い年収条件を提示している銀行も存在します。年収の条件を満たしていて、収益性の高い物件を選べば、アパートローンの審査に通る可能性は高くなるでしょう。頭金を多く用意するほど、リスクは低くなりますが、レバレッジを効かせられるというメリットも少なくなってしまいます。しっかりとシミュレーションをして、なるべく利益が大きくなるようにローンを組むことが大切です。